Toppage 2018

2018年のトップページを飾っ写真達と撮影時のコメントです


2018/1/18   JR奥羽本線   白沢←大館   配9859レ

二ツ井の師匠から情報をいただきましたが、弘前通過時は病院で診察の予約が入っております。
というわけで、石川でバカ停があるので石川以南で撮ることに。
弘前は雨が降っていたので、空が明るい秋田方面にしました。
陣場には仙人様がおりましたので、白沢で撮影しました。
もう少し、雪の飛ばしが欲しかったですね。

2018/1/25   弘南鉄道弘南線   運動公園前←新里   1005レ

ずっと、暖冬気味でラッセルの出番はありませんでしたが、やはり出番はやってきました。
今世紀最大級の大寒波がやってきて、活躍の舞台は整いました。
機関車は昨シーズン途中で機関故障で戦線離脱。
今シーズン、心配されましたが、やっと復活してくれました。
故障しない程度に活躍してほしいものですね。

2018/2/7   弘南鉄道大鰐線   義塾高前←石川   1003レ

前日からの大雪もやみ、きれいに晴れ渡りました。
綺麗な雪のカーテンをイメージしましたが、降った雪は水分が多い雪だったため、
綺麗に飛んでくれませんでしたが、青空バックだったので良しとしましょうか。
2018/2/22   JR函館本線   落部←野田生   8024D

近くて、遠い、北海道にやってきました。
鉄友さんが入念なツアーを組んでくれたので濃厚なツアーができました。
この日の運転が最後のスラント北斗だったんです。
最後の最後に間に合いました。
やはり、経験者の方と行くのは撮影地にスムーズにアクセスできますし、いろいろな情報も聞けます。
また、アングルや光の回り方にこだわるなど、やはり、いい写真を撮られる方は考え方が違うなぁと勉強になりました。
自分一人でいっていたら、時間ばかり食って、駄作連発だったことでしょう。
2018/3/14   JR八戸線   陸中八木   442D&437D

無くなるというと撮影したくなるのが、鉄の性なのです。
ここで撮影するのは腕木最後の年以来です。
その間に震災もあり、風景は変わってしまいました。
道路はかさ上げされ、家並みも変わり、背後には高い、防潮堤ができました。
そんな中、変わらずに走りつづけてきた、キハ40系もまもなく引退です。
「今まで、お疲れ様」と心の中でつぶやきながら、シャッターを切りました。

2018/4/18   JR奥羽本線   八郎潟←鯉川   工9680

75牽引の工臨の情報をいただきまして、撮影に行ってきました。
夜中〜早朝は無理でしたので明るくなりはじめた、白沢で1発目。
五城目を経由し八郎潟で2発目、そして、OKBストレートで3発目でした。
しかし、大舘付近から猛スピードで走行する、関東ナンバー、レンタカーの数が増え始め、その後も相当数の追っかけ組が見られました。
75が人気者なのか工臨が人気あるのか?!
あれだけの数の人々がシゴトを休んできたのか、どうなんでしょうね?
2018/5/9   JR五能線   広戸←追良瀬   2828D

お天気の悪かった、内陸部から転戦してきました。
何ということでしょう!このお天気の違いは!
本数が少ないのが玉に瑕ですが、まだ草もボーボーでないのでロケハンしながら
撮影出来ました。
2018/5/22   JR五能線   岩舘←あきた白神   8525D

前回は鯵ヶ沢口から入りましたが、今回は能代工臨があったので能代口から入りました。
しかし、列車が走っていない時間に突入してしまい、小入川で撮影することにしました。
今回はメジャーリーガー大谷選手にならって、二刀流で撮影。
こちらはEOS 30D(!!)での撮影です。
2018/6/13   秋田内陸縦貫鉄道   阿仁マタギ   211D

この日は撮影したことが無かった、米内沢〜鷹ノ巣で撮影。
しかし、阿仁合以降は「多少」列車密度が濃くなりますが、阿仁合〜鷹ノ巣は列車感覚が開くので阿仁合以降へ転戦。
撮影場所を探していると、後ろから朱い電気自動車が音もなく迫ってきました(笑)
一か八かで寄った、阿仁マタギには格好のモデルさんたちが団体でいらっしゃったので撮影させていただきました。
でも、お顔がなかなか怖かったです(謎)

2018/6/20   JR奥羽本線   津軽湯の沢←陣場   配9859レ

久しぶりの配給列車です。
はるばる、関東から本州最果ての地へお入り直しにやってきます。
以前は白沢で撮影したことがあったので陣場にしたかったんですが、草木がじゃまだろうと、ここに決定。
途中、バカ停があるので一般道先回りで2回は撮れるだろうと。
しかし、様子がおかしい。
頂いた、スジの時間になってもやってきません。
頂いたスジ+40で来ましたが、バカ停もあるから多少遅れても大丈夫だろうと、次の予定地を目指しました。
予定スジの約20分前に到着して、クルマから降りたら、列車が通過するじゃありませんか!
大舘以北の時間が変わったようです。
結局、この1枚だけとなりました。



http://46sanhp.web.fc2.com/

inserted by FC2 system